« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

背筋をのばす

太陽にむかって

Sn361336

|

気持ちよさそう

さわやかな日差しの下

木陰にチラチラと

光がこぼれ落ちる。

Sn361332

|

この人の言葉だから

弱い者ほど相手を

許すことができない。

許すということは

強さの証だ。

マハトマ・ガンジー

Sn361314_2

|

サイン

ダルかったり

眠かったり

ボーッとしちゃったりするのは

あたたかくなったせいかもしれませんが

疲れすぎている身体や心からの

「休んでえ」というサインかもしれません。

どうかご自愛ください。

と、ゴールデンウイーク全く休みのない

私が言うのもなんですが...。

Sn361311

|

形あるもの

Sn361326

|

雨にも感謝

朝起きたら

太陽の光と、おまえの命と、おまえの力に

感謝することだ。

どうして感謝するのか、その理由がわからないとしたら

それは、おまえ自身の中に、罪がとぐろを巻いている証拠だ。

ショーニー族の酋長、テクムセ

「インディアンの言葉」より

Sn361315

|

結果、暴飲暴食

昨日

久しぶりの友人と会い

行きつけの

おしゃれなおでん屋さん

「ボッコ屋」に行き

おいしい料理とお酒を堪能した。

その後

駅に向かう途中

思い出横丁を通った。

この不景気の中

どの店も鈴なりになっていて

大盛況だった。

思わず吸い込まれるように

もう一杯やってしまった。

Sn361321

|

ガスのも負けず

排気ガスに紛れながら

中央分離帯にて

しっかりと

Sn361309_0001

|

思わず

足が止まる

ピンクの壁。

Sn361323

|

過ちを見て

それを正そうとしなければ

過ちを犯した者と同罪だ。

(オマハ族の格言)

「アメリカ・インディアンの書物より賢い言葉」より

Sn361303

|

草むらの中

Sn361308

|

ふわふわ

その2

Sn361306

|

わたがし

ぼんぼん

Sn361311

|

ちっちゃなタワー

ちっちゃな青いタワー。

Sn361273

|

トイレの壁

久しぶりに行った

公衆トイレが

こんなふうになっていました。

壁面花化計画?

Sn361299 Sn361298 Sn361300

|

なごり桜

木肌から。

Sn361302

|

やさしく

咲いていた。

車道のわきで。

Sn361291

|

さようなら

桜の季節。

Sn361282

|

スタート!

今日から

「STORY-2」の

レコーディングが始まります。

ご期待ください。

写真は名残惜しい桜。

Sn361295

|

世の中に

たえて桜のなかりせば

春の心ののどけからまし

Sn361297

|

わたがし

やさしい気持ちになる

コントラスト。

やわらかそう。

それに、おいしそう。

Sn361290_0001

|

トンネル

いつまでも

続いてほしい

そんな気持ちになる

桜のトンネル。

Sn361285 

|

青とピンク

満開。

春らしく色が若い。

Sn361280

|

ミスマッチング

妖艶とカワイイの

いい意味での

あやういミスマッチング。

Sn361275

|

ちょうちんが

雰囲気を

盛り上げていました。

Sn361267

|

目黒川

花酔いの前に

人酔いしそうでしたが

そんなこととは関係なく

桜は超然と咲いていました。

Sn361271

|

3万人以上

この国では

毎年3万人以上の人が

自ら命を絶つ。

Sn361257

|

濡れる

Sn361247

|

確実に

毎年

忘れずに

確実に咲く。

Sn361255

|

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »