« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

由比ガ浜

海の家でのライブ

無事終了しました。

はじまった19:30くらいはまだ

雨も降ってなくて

海風が心地よい感じでしたが

演奏し始めてまもなく

そう、3曲目くらいでしたか?

豪雨と雷が.....。

思わず「さんだあ!」と叫んでしまうほど

すさまじい嵐が!

しかし、雨宿りがてら入って来たお客さんも含め

満員御礼的な店内は

妙な一体感!

まあ、耳障りのいいブルース系のカバーが中心でしたので

全く聴いてない人もいましたが

ちょうどいい夏の宵のBGMをプレイできたかな?という

感じでした。

演奏する側も、実にまったりと楽しめました。

2回目もあるかもしれません。

そのときはタイミングが合う人は

だらっと遊びに来てくださいね。

|

ライブ2連発

無事終了。

ホットに盛り上がった新宿JAM。

クールに決めた渋谷屋根裏。

それぞれいいライブだったと

思います。

新曲もいい仕上がりでした。

さて、明日由比ガ浜で

アコースティックライブ。

レベルブルーとは全く違うメンバーですけど

カバーを中心にブルースなどを演奏します。

鎌倉由比ガ浜海岸の海の家で

18:30くらいからダラダラやる予定です。

海の家の写真が届いていますので

アップしておきます。

ここを目指していらしてくださいね。0723_1

|

今日もジャムに

行って来ました。

レベルブルーギターのチャーリーと

8月8日のライブでドラムをたたいてくれる

山口てつが参加している

ANNAバンドを見てきた。

思ったよりファンキーだったのと

ボーカル&ベースのアンナさんが

「なんでそんなの弾きながら歌えるの?」という

テクニシャンぶりにびっくり。

しかもアンナさんはサウスポーで美人でセクシー。

チャーリーがステージでも

ずっとしゃべってたのは想定内。

鍵盤他のガクちゃんは

オフステージのようなチャーリーとのからみは

見られなかった。(ステージでやる必要はないか)

まとまりという点ではまだまだではあったけど

それぞれ個性的な面々なので

うまくミックスしていけば、かなりいいところに行くのでは?

まだライブ2回目、ということで

これからが楽しみです。

明日はそのジャムのステージに僕が立ちます。

時間も遅めの9:10PMなので

ぜひお仕事帰りにでもいらしてくださいね。

新曲2曲を予定しております。Sn360314

|

今回も行けない

地震から一週間。

今度何かあったときは

すぐにとんでいける身分に

なっていたい、と思ったが

かなわなかった。

神戸の地震の時

日本海に重油が流れ着いた時

とんでいける環境があった。

心の余裕もあったのかもしれない。

「忙しい」という字は人をなくすということだ。

今週はライブが2本。

それでもライブができる環境にいる

ということは素晴らしいことだと思う。

周りの人や世界に感謝すべきであろう。

大きく広がっていく波紋の

小さな一石になるべく

がんばろう、と思う。

今できる最大限のことをやりたい。

どうかその瞬間を見に来てください。Sn360299Sn360297 Sn360296

|

目白押し

いよいよ来週25日(水)と27日(金)

レベルブルーのライブです。

そして、残念なことですが、

ウルトラドラマーのてっちゃんが

この2回でサポート終了

ということになってしまいました。

この2日は曲もほぼダブらないように

セットを考えていますし

新曲もちりばめてあります!

是非お見逃しないようにしてくださいね。

そして、その他の課外活動では

7/21(土)DJ BAR EARにてDJ(21:30~23:00)

7/29(日)由比ガ浜の海の家にて、アコースティックライブ

8/4(土)お台場にてDJ

などがあります。

追って詳細アップしていくので

ゆるゆる遊びに来てくださいね。

それと、8/8(水)には

レベルブルーのライブも決まってます!

こちらはパワフルドラマーの山口哲司(なんとこちらもてっちゃん!)を

迎えての初ライブ☆

楽しみですわ。

ホント、夏を迎えて目白押しです!

Sn360312

|

今のところは咲いている

段ボール入り肉まんの話で

世間は騒然としている。

確かにこれは驚きだ。

ミートホープ事件などかすんでしまう勢いがある。

両方に共通しているのは

「コストを下げるため」

「知らない人が食べるのだからどうでもいい」

ということに集約されているような気がする。

でも、世の中のかなりの食品は

この二つのコンセプト?で作られていると

言わざるをえないのではないか?

残念ながらそう思えてならない。

(ちゃんとまじめに作っている人ももちろんいる)

先日読んだ「食品の裏側」という本に

食品添加物の実態について書かれていたが

この本に登場する食品会社の「コンセプト」もまた

同様のものだった。

しかもそれは資本主義社会の原理を考えれば

仕方のない「コンセプト」とも言える。

最近、環境問題がさかんにクローズアップされるようになった。

今読んでいる「沈黙の春」という本は

農薬など化学薬品の地球に対するダメージについて

書かれた本だが

なんと40年以上も前に書かれている。

当時もうすでにわかっていたのだ。

我々の結末は「仕方のない」ものに向かっている

と実感せざるをえない。

だが、今のところ花は咲いている。

Sn360315

|

それでも花は咲いている

雨です。

梅雨だから仕方がないし

雨が降らないと大変なことになります。

が、湿気が多いし、かったるいことは

間違いありません。

それでも花々は咲いています。

ていうか、それだからか?

Sn360300

|

日本ロック万歳!

ほぼぶっつけ本番だったのに関わらず

カトケン&てっちゃん(なぜかハーフレベルブルーと呼ばれていた)

なかなかどうしてハイテンションでグルービーな

いいライブになったと思います。

いらしていただいた方々に

とにかく感謝です。

熱い視線で僕も燃えました!

また呼んでいただいた主催者の方々にも

感謝いたします。

来年呼ばれたら是非フルバンドで

出演したいです。

Sn360309

|

本日日本ロック

昨日

日本ロックフェスティバル見に行きました。

実にラフで、ダラダラ感バリバリで

とても素敵な感じでした。

すごくバラエティで楽しかったです。

今日はそのステージに僕とドラムのてっちゃんで

立ちます。

お時間ある人はぜひいらしてください。

変わったバンドも出ると思いますが?

出入り自由だし、チャージ安いし

なんかいい感じでしたよ。

内装とかアングラ?な感じでちょっと怖いけど

大丈夫です。

ぜひ高円寺無力無善寺へいらしてください。

ちなみに出番は8時予定です。

では、行って来ます。

|

クラゲ 2

陸に上がって水で洗っても

いっこうに痛みシビレ熱さは引かず

焦るばかり。

サーフィンの本に「クラゲにさされたとき」の

項目がないか探したりしたが

たいした情報はない。

そうこうしているうちに

激しい痛みその他のピークは過ぎたが

それでも念のため

医者に行って見てもらった。

クラゲの針が残っていると

後からその針が破裂して

毒が一気に体にまわり

死に至ることがあるというので。

医者は、もう大丈夫でしょう、と言いながら

軟膏とクスリを出してくれた。

それからもしばらく、翌日くらいまでは

ピリピリしていたが

バカになることも、ヨイヨイになることもなく

今日もまた、いつもどおりの冴えない?日常を

おくることができた。

生きててよかった、と思った日曜日。

しかし、その思いもあっという間に色あせ

怠惰な日々を過ごす愚か者の姿に

苦笑する今日このごろであった。Sn360288

写真:もうすぐ七夕ですね。

|

クラゲ 1

この前の日曜日

千葉の海でクラゲに刺された。

波をくらった時

猛烈な衝撃と激痛が首筋に走り

その直後から強烈なシビレが来て

急激に熱くなった。

フルのウエットを着ていたが

ちょうど首のところは肌が出ていた。

そのわずかなスキを奴は狙ってきたのだ。

最初は、一体自分の体に何が起きたのかわからなかった。

次にこのやば~い感じの感覚がクラゲによるものだろうと気づき

続いて考えたのは

「(頭のそばという)場所が場所だけに、このまま毒が脳にまわって

バカになってしまうのでは?」ということだ。

患部にさわった友人までが、ピリピリしはじめた。

「こ、これはヤバイ」

肝の座ったその友人までが

うろたえはじめた。

「とにかく(陸に)あがろう」

(続く)

|

自動販売機

今日

自販機でドリンクを買おうと

お金を入れた。

120円のお水を買おうと

50円玉ふたつと10円玉ふたつを入れた。

一気に入れたためか?

何枚か返却口にお金が戻ってしまった。

もう一度入れなおす。

また戻ってきちゃう。

3回くらいやってもダメなので

あきらめて返却レバーを操作する。

が、50円玉一枚と10円玉一枚しか

戻ってこない。

叩いたりボタンを押したりしても出てこない。

もちろんドリンクも。

仕方がない。

自販機に書いてある「故障・修理」の電話番号にかける。

女性が出て

「携帯からおかけでしたら電話代がもったいないので

こちらからかけ直します」と言う。

かけ直してくれた。

事情を話すと「それでは60円を現金書留で送るから住所を」と言う。

「現金書留で60円?」

なんとなく複雑な気持ちだったが

まあ従う?しかないだろう。

僕は住所を伝えた。

「2週間以内にご自宅に送ります」とのこと。

終始申し訳なさそうに話すこの女性は

一日中こんなクレーム処理をやっているのかな。

そう思うと、まったくもって非常なおせっかいなのだが

少し気の毒な気がした。

もちろん、この女性がとても感じがよかったから

そう思っただけで

感じが悪かったらそんなことは思わなかっただろうけど。

Sn360291

|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »